【のみもの】「お茶を買って飲むなんて…」がかつての常識。日本人はいつから自動販売機で「お茶」を買うようになったのか

1: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:01:21.40 ID:Kl9W7+k69

https://news.yahoo.co.jp/articles/303c1bd33d5cd390ee0625b747e821a0228f020e

自動販売機やコンビニの定番商品として、多くのラインアップがあるお茶飲料。
緑茶やウーロン茶、紅茶、麦茶、健康茶など、今では数多くの商品が店頭に並んでいます。

しかしそうした商品が出始めた当初、

「お茶を買って飲むなんて……」
「自分で沸かせばいいのに」

と、ためらっていた人も多いのではないでしょうか。

お茶や水を自動販売機で買う――その始まりは、ウーロン茶からでした。
日本でウーロン茶の専門店が見られるようになったのは大正時代で、長らくの間、粋人独特の茶器を使って楽しむものでした。
やがて1970年代になり、アイドルデュオ「ピンク・レディー」が飲んでいるとして、ウーロン茶は美容や健康に効果があるお茶として話題になります。

これを受けて、各飲料メーカーは缶入りウーロン茶の開発を始めます。1981(昭和56)年2月に、伊藤園(渋谷区本町)が
世界初の缶入りウーロン茶を発売。続いて12月に、サントリー(現・サントリー食品インターナショナル。中央区京橋)も参入します。

世間の逆風を勝機とした飲料メーカー

しかし、すぐに売れたわけではありませんでした。
実はウーロン茶より早く、缶入り紅茶が1974(昭和49)年から発売されていたのですが、人気を得ることはできませんでした。
冒頭に述べたように、「お茶は自分で入れて飲むもの」という意識が根強かったからです。

会社では給湯室に巨大なヤカンが置かれていて、会議のときにそれでお茶を注ぐというのが定番の風景でした。
ところが飲料メーカー各社はお茶に勝機を感じ、次々と商品を開発していきます。

1983年にはポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ。名古屋市)が、缶入りの玉露とほうじ茶を市場に投入しています。

缶入りウーロン茶が人気を得た理由

こうして市場で存在感を増していった缶入りのお茶飲料が急成長したのは、1986(昭和61)年頃からです。

缶入りウーロン茶(当時は250cc)は、1982年に出荷数40万ケース(1ケース30本入り)だったものが、1985年には1450万ケース、
1986年には2300万ケース、1987年にはついに3000万ケースに達します。
1988年の時点で、ウーロン茶は約200社が参入する市場にまで成長していました(『朝日新聞』1988年8月18日付朝刊)。
1988年の夏は天候不順で清涼飲料の売り上げは伸び悩んでいましたが、お茶飲料の売り上げだけは前年度比20~30%増でした。

家庭でも手軽に入れられるはずなのに、缶入りウーロン茶が人気を得た理由――それは、イメージの変化と技術開発によるものでした。
各メーカーは、自宅で入れるウーロン茶と遜色のない味を追求。結果として、ウーロン茶は無糖で健康にも最適という情報が広く知られるようになりました。
またウーロンハイのような、新たなお酒の楽しみ方が普及したことも人気上昇の要素と言えます。

ウーロン茶に続いた紅茶

ウーロン茶に続いて市場を席巻するようになったのが、紅茶です。
こちらは、各社が若者層を意識したイメージ戦略で普及を加速させました。具体的には、商品名を一度聞いたら忘れられないインパクトのあるものにしたのです。
「ジャワティー・ストレート(大塚製薬)」「午後の紅茶(キリンビール)」などは、その成功例です。
さらに各社はストレート・レモン・ミルクの3種類を基本の味とし、差別化を図るために、茶葉の質にこだわったことも見逃せません。
ウーロン茶も紅茶も、家で自分で入れて飲むものとは「ひと味違う」ということを知らしめ、定番として定着させたというわけです。

最後に人気となった緑茶

ここでちょっと後れを取っていたのが、緑茶です。

1980年代半ば以降、缶からペットボトルに容器が変わっていく中で、緑茶も販売されていましたが、メジャーではありませんでした。
緑茶は日本人にとってもっとも定番な飲み物です。そのため、味に厳しかったのです。
「宵越しの茶は飲むな」という言い伝えがあります。これは、一晩置いたお茶が身体に悪いから飲んではいけないという意味です。

実際に一晩置いたお茶は渋みの成分であるタンニンが酸化するため、とてもまずくなります。
そのため、自動販売機やコンビニで売られているお茶がおいしいはずはないと思っている人が多かったのです。
しかし、酸化を防ぐための窒素充填(じゅうてん)などの技術開発で、味は瞬く間に向上していきます。
使う茶葉も、香りや味が深いものが選ばれました。

 

2: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:01:32.96 ID:Kl9W7+k60

冷たくておいしい製品の登場

もっとも各メーカーが力を注いだのは、冷たくてもおいしくすることです。
この頃は、まだ夏でも熱いお茶が当たり前でした。むしろ「夏は熱いお茶のほうがいい」と、冷たい飲み物を戒める風潮も強かったのですが、
この常識を覆すような冷たくておいしい緑茶飲料が登場したことで市場は変わりました。

1989(平成元)年に6万8400klだった日本茶の販売量は、1990年に12万1600klと倍増します(『読売新聞』1991年6月30日付朝刊)。
同時期にコンビニで弁当を買う人が増えたことで、「ご飯のときにお茶を飲みたい」という需要をも満たしたことが成功の要因だったともいえます。

お金を出してお茶を買わないという常識が消滅した――そんなことをかつて誰が予想していたでしょうか。

14: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:06:26.19 ID:vl4vmbAU0
>>1
缶紅茶やミルクティーは子供に人気があっただろうに

 

192: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:37:18.51 ID:GU8qLJA30
>>14
子供というよりそもそも飲み物はかって飲むという習慣がないし親は普段子供に金を持たせないからお菓子を買うお小遣いで紅茶買うなんてあり得なかった。

 

226: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:41:38.07 ID:+SYH2Km90
>>192
子供が紅茶を楽しむなんてのも最近のことだよな
昔の子供はオレンジジュース、サイダー、コーラ

 

426: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:04:18.07 ID:3kXjE+9F0
>>14
40代だが午後ティーやジャワティが流行ったのは小学生になってからだぞ
それまではミルクティーなんて飲み方があることを知らなかった
紅茶と言えば家で淹れたリプトン一択だった

 

443: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:06:21.13 ID:QJb2/ept0
>>426
リプトンだけだったか?
30年前くらいだとブルックボンドやピコとかもそれなりに展開されてた記憶があるが
どっちかっていうと商品そのものよりCMがキャッチーなのが多かったなあの頃は

 

5: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:03:08.18 ID:cK9UdFZk0
おれの周りの派遣のおっさんとかいまだに水のペットCOWの抵抗あるって話で盛り上がるぞ

 

179: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:34:53.41 ID:i6as5ag20
>>5
水牛の話?

 

189: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:37:03.31 ID:c5J2he+g0
>>179
牛を水辺に連れて行くことはできても、水を呑ませることはできない

 

429: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:04:57.21 ID:xacWh48u0
>>5
ここ最近で1番笑った
ありがとう

 

465: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:08:29.05 ID:R+K+hA7Z0
>>5
好き

 

487: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:10:21.17 ID:zbG7vGMH0
>>5
牛をペットとして飼うのは私もちょっと遠慮したい。

 

687: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:31:38.35 ID:M4/RpJQF0
>>5
なんか笑ってまうわ

 

7: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:03:47.28 ID:+CeDNAD/0
ベットボトルが普及してから
もっというと90年代後半に500ml以下のペットボトルが解禁されてから

 

42: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:11:16.47 ID:VmsPGHFp0
>>7
だね
烏龍茶ブームは缶で人気でて
小さい190ml缶は濃厚だったが
それが大きくなり味を薄めた
これが儲かるのがわかり
ペットボトル導入とともに各社がお茶を投入

 

662: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:28:59.25 ID:HyllLFsP0
>>7
正にそのぐらいの時代だったと思う。
最初は若い子から広まったんじゃないかな?
後輩がお茶買ってたから「マジ?w」て笑ってたら、いや普通ですよ?て
言われた記憶

 

8: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:04:41.26 ID:Kl9W7+k60
俺が子供の頃には、「外国ってただの水が売ってるんだぜー」「えーマジでー」と云う会話がなされていたな。

 

13: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:06:19.55 ID:aLTPFixD0
水道水で作る麦茶うめぇ

 

15: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:06:56.70 ID:AZp4KD3H0
コンビニの弁当やおにぎりの影響だと思う。80年代後半くらいからじゃない

 

16: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:06:57.75 ID:/40MyIxk0
「オニギリを買って食べる」も
かつての日本人からしたらありえないだろ

 

23: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:07:48.77 ID:91IP/Pru0
>>16
最初の駅弁はおにぎりだったそうだが

 

286: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:49:54.69 ID:pYjdMoRo0
>>16
かつての日本人からしたらあらゆることがありえぬこと

 

17: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:07:00.12 ID:BofF4+WL0
駅弁のお茶「」

 

541: はげ速さん 2020/05/16(土) 14:15:13.98 ID:mjg1j6iy0
>>17
ビニール容器が溶けるとかなんとかで廃れたんだっけ

 

18: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:07:15.53 ID:n1kaEhYT0

1995年ぐらいに町中で水が売られるようになった
バカかと思ってたら、エビアンを首からぶら下げる意識高い女まで現れた

今や金が無いという若者までコンビニで水を買う時代になった

 

24: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:08:19.09 ID:BLVf0mbv0
昔は1.5リットルとかのペットボトルジュースしかなくて、あとは缶と瓶
規制があっただろ

 

26: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:08:25.04 ID:kOp/X3Rg0
俺が子どもの頃はすでにお茶については言われなかったが、ミネラルウォーターに関しては言われてた

 

27: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:08:27.63 ID:gB/XXnYK0
昔の自販機はお茶売ってなかったから外でお茶飲みたい時は家から持参しないと

 

28: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:08:30.66 ID:+B0gMzMa0
緑茶だけは急須で淹れないとなんか嫌だ
料理動画見ててペットボトルのお茶を湯呑みに注いでると残念な気分になる
多分静岡出身だから

 

106: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:21:30.57 ID:rB93GYA10

>>28
味も香りも全然違うからなぁ

ペットボトルのはお茶ではなく
お茶っぽい別の飲料だわ

 

157: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:30:27.32 ID:5FVXJlJa0
>>28
まあ、静岡県民以外は緑茶に特段思い入れはないだろうなw

 

211: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:39:50.97 ID:1wArE6x70

>>157
転勤族だけど、静岡だけは緑茶に対する思い入れがものすごかった思い出・・・

職場の給茶機の茶葉を好みじゃないからと、勝手に自宅から持ち込んだ茶葉に替えたり(個人負担でw)
地元の人達数名がいる中で美味しいお店を聞いたら、最初は口々に「あそこが美味しい」「ここが美味しい」と
教えてくれていたのに、途中で1人が「でもあそこの店はお茶がだめ」と口火を切ったらそこからいつのまにか
どこの店が一番お茶が美味しいかという話にすり替わってたりw

 

29: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:08:34.29 ID:J96g7oTB0
日本に烏龍茶を飲む文化なんて全くなかったのに
ここまで当たり前に普及するとはな

 

37: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:10:12.77 ID:BLVf0mbv0
>>29
ピンクレディーが鉄観音でヤセタって、夜ヒットで売り込んだんだそうな
当時知らんかったが

 

47: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:12:29.39 ID:n1kaEhYT0
>>29
サントリーのテレビCMのおかげだと思う

 

36: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:09:51.57 ID:0TKWuplY0
ホットはともかく冷茶は買った方が早い

 

38: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:10:20.19 ID:RshOP3Bm0
今は簡易水筒が普及して会社の人は皆水筒だが。お茶汲みなんていない。水がなくなったら水道水入れとけと言う

 

45: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:12:16.83 ID:+oRyRlsD0
昔は味噌を店で買うなんてー、とか漬物を店で買うなんてー、
なんて時代もあったろうね。

 

54: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:13:57.07 ID:BLVf0mbv0
>>45
惣菜、できあいのオカズ
冷凍食品とかな
まだ離乳食は言われそうな感じ

 

119: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:23:21.60 ID:VmsPGHFp0
>>45
コンビニでレトルトのお惣菜買うとは誰も想像してなかっただろうな

 

49: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:13:14.11 ID:uqFD/hrE0
いや、お茶以上に水だよ、水
ジュースと同じ値段で水なんかを買うような習慣がいつの間にか出来上がっちまったのが驚きだわ
こういうこと書くと欧米では普通だからどうたらこうたら言う薄っぺらい奴が必ず出てくるけど、
そんなことまでわざわざマネする必要なんかないんだってのに

 

61: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:14:46.84 ID:BLVf0mbv0
>>49
水道水は安全で安い!
とNhk講座で言われてた

 

57: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:14:23.84 ID:odZ49wlA0
水を買うなんてと思ってた時期が僕にもありました

 

59: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:14:43.41 ID:xdcAxVIh0
烏龍茶を最初飲んだときはあまりにも苦くて人間の飲むものじゃないと思ってすぐ捨てたな
今では薄すぎて水かと思うくらいだが

 

62: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:14:47.61 ID:E8O+dUpY0
総論としてはぎりぎり良いけど、細かい部分でツッコミしたくなる記事だなこれ
紅茶は言うほど成功してるようには思えないし(特にジャワティとか)スレタイにしても自販機で買うようになったというよりは
お店で買うようになったか、といった方が妥当に思うけどね。自販より店売のがずっと多いだろ大きいのは基本ないし

 

79: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:16:54.69 ID:1fVD75TU0
>>62
ジャワティは滅茶苦茶評価高いぞ
とくに今はやっている午後ティーおいしい無糖みたいなインチキ紅茶に対してちゃんとした紅茶としてな
ただ売ってるところが少ないんだよ、バーキンみたいだな

 

63: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:14:54.84 ID:RUS11V/v0
初期のサントリーウーロン茶は苦くて食事には不向きな代物だった。

 

90: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:17:58.04 ID:xdcAxVIh0
>>63
やっぱ慣れた訳じゃなく最初は苦かったのか
今ちょっとそれ飲んでみたいな

 

72: はげ速さん 2020/05/16(土) 13:16:07.45 ID:Yw+1lo6G0
やっぱりサントリーが缶のウーロン茶を出したのがきっかけだろ
それ以前はお茶と言えば熱い飲み物と相場は決まっていたが
アレで概念が壊されて冷やして飲むのもありじゃね?ってなったもんな

 

引用元: ・【のみもの】「お茶を買って飲むなんて…」がかつての常識。日本人はいつから自動販売機で「お茶」を買うようになったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>